睡眠時無呼吸症候群|もりぐち内科・循環器内科クリニック|万代 南津の辺店に隣接する内科・循環器内科

〒574-0016 大阪府大東市南津の辺町7-35
準備中
ヘッダー画像

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群|もりぐち内科・循環器内科クリニック|万代 南津の辺店に隣接する内科・循環器内科

睡眠時無呼吸症候群

睡眠中に1時間に10秒以上続く無呼吸、低呼吸が5回以上あり、日中に強い眠気や集中力低下などがあると睡眠時無呼吸症候群と診断されます。
上記の症状のみでなく、朝のみ血圧が高い、の訴えで分かることが多いです。

診断には睡眠検査を行いますが、多く見られるのは、のどが塞がって起こる閉塞型睡眠時無呼吸です。肥満が主な原因となりますが、顎が小さいなどで痩せている人でも出てくることがあります。

電車や車の事故で有名になり、日中の眠気が強い病気として広まりましたが、実は重症になれば命にかかわる怖い病気でもあります。
睡眠時に30秒から長い人では1分半以上呼吸を強制的に止められているわけです。
体の酸素飽和度(本来ならば98%以上が正常)が90%以下、ひどいときには80%以下にも下がることがあります。
本来なら休んでいる時間に低酸素にさらされるわけで、心臓や脳、血管などに多大なるダメージを蓄積するわけです。
重症な方では中長期的にみると死亡率が格段にあがってしまいます。(若い方に多い病気ですが、つまり早死にしやすいのです)

主な治療には、CPAP(シーパップ)という治療器械が挙げられます。治療介入によって死亡率が改善することは証明されています。
他にも、マウスピースを夜間装着する方法や、のどを広げる手術等があります。

唯一体重の減量が根本的に無呼吸を減少させるとされます。CPAP療法を行いつつ、体重減少に励むのがBestな治療になります。
この病気は、日中の眠気、熟睡感のなさなどの症状の他、高血圧症や心臓病、脳血管疾患などを厳密に管理していかなければならない包括的な治療が必要です。循環器内科や呼吸器内科といった科の医師で睡眠時無呼吸の専門家が診るのが理想と考えます。

主な症状

主な症状

  • いびきをかく
  • 呼吸が止まる・むせる
  • 息苦しさを感じる
  • 息苦しくて目が覚める(トイレに起きる)
  • 寝相が悪い
  • 寝汗をよくかく

起きたとき

  • 頭が痛い
  • 口が乾いている
  • いくら寝ても疲れが取れない
  • 熟睡感がない
  • 体が重く感じる
  • 起床時にスッキリしない
  • 朝の血圧のみが高い

日中のおきているとき

  • 日中の強い眠気
  • だるさや倦怠感
  • 集中力の低下
  • 記憶力が低下してきた
  • いつも疲れている
  • 居眠りで交通事故を起こしかけたことがある

治療方法

CPAP療法(シーパップ)

寝ている間の無呼吸を防ぐために気道に空気を送り続けて気道を開存させて治療する方法です。CPAP装置からエアチューブを伝い、鼻に装着したマスクから気道へと空気が送り込まれます。
CPAP療法を適切に行うことで、睡眠中の無呼吸やいびきが減少し、眠気の改善や、血圧を下げる効果が期待されます。

マウスピース療法

軽度な症状に適した治療方法です。
睡眠時に、マウスピース(スリープスプリント)を装着し、下あごを上あごよりも前方に出すように固定させることで上気道を広く保ち、いびきや無呼吸の発生を防ぎます。

初診の流れ

一般的な流れをご紹介いたします。個々の症状や事情により治療計画を作成していきますのでご安心ください。

  1. 受付・問診票の記入
    来院されましたら受付に保険証や診療情報提供書(持参された方のみ)をご提示ください。
    診療申込書兼問診票をお渡ししますのでご記入いただき、終わりましたら受付スタッフにお渡しください。
    ※出来る限り詳しくご記入ください。特に他の医療機関にお掛かりの方は受診されている医療機関名、病名、処方内容などお教えください。
  2. 事前問診
    ご記入いただいた問診票をもとに、医師の診察の前に専門スタッフが事前問診を行います。睡眠障害はストレスなどの心の問題のほかに口や鼻から肺までの空気の通り道がきちんと確保できているか等の器質的な問題が密接に関係しています。したがって不眠に関する問診は精神面、身体面に渡り多角的に15分~30分ほどお話をお聞きします。
    他院に受診中の方で何らかの処方を受けている場合は事前にスタッフに申し出てください。
  3. 診察・検査
    問診でお伺いしたことをもとに、医師が診察を行います。事前問診に加えてさらに深く医師がお話を伺います。お話を踏まえて睡眠薬の作用、睡眠不足が引き起こす諸問題などをご説明していきます。
    次に個々の睡眠障害に対応するために必要な検査を行います。
  4. 睡眠検査のご説明
    実際の睡眠状態を把握するためにご自宅で行う睡眠検査(終夜睡眠ポリグラフィー)を行います。専門スタッフにより装着の仕方、正しく検査を行うための注意点の説明、次回の検査結果説明までの日程調整を行います。
    今後の治療を行う上で、特に器質的な問題がないかどうかを把握しておくことは治療の幅を広げる上で非常に重要となりますので、出来る限り実施されることをお勧めします。
  5. 費用について
    当院は原則保険診療にて治療を進めていく保険医療機関です。
  6. 次回の外来の流れ
    自宅での睡眠検査を行った後、その結果説明のための外来を行います。その結果によって、治療を開始出来るか、更なる精密検査を行うのかをご相談の上決定することとなります。睡眠検査はご本人では知りえない数値化されたものでご理解いただくまで丁寧にご説明させていただき、しっかりとご納得いただきながら治療に繋げていきたいと考えています。