禁煙外来|もりぐち内科・循環器内科クリニック|万代 南津の辺店に隣接する内科・循環器内科

〒574-0016 大阪府大東市南津の辺町7-35
準備中
ヘッダー画像

禁煙外来

禁煙外来|もりぐち内科・循環器内科クリニック|万代 南津の辺店に隣接する内科・循環器内科

禁煙外来

いざ禁煙に取り組もうと思っても、ニコチン依存による禁断症状が出るなどして、失敗された方も多いと思います。なかなかうまくいかないものです。

喫煙はCOPD(慢性閉塞性肺疾患 Chronic Obstructive Pulmonary Disease)をはじめ、各種癌や虚血性心疾患といった重篤な病気との因果関係が指摘されています。

健康保険で行う禁煙治療は、お一人の努力だけではなく、禁煙補助剤の使用や医師、看護師の指導、アドバイスを受けて治療が進められます。
気持ちだけでは上手くいかない禁煙を成功させるために、的確に患者さんをサポートいたします。

※禁煙治療は3ケ月で5回の通院プログラムとなり、禁煙成功率は約70~80%です。

禁煙外来を受けるには

35歳以上の方は、下記の1~4の条件を満たしていれば健康保険で禁煙治療を受けられます。
35歳未満の方は、下記の1、3、4の条件を満たしていれば健康保険で禁煙治療を受けられます。

  1. 下記のタバコ依存度スクリーニングテスト(TDSテスト)で5点以上はニコチン依存症です。
  2. 1日の喫煙本数×喫煙年数(ブリンクマン指数)が200以上(例 20歳から1日20本喫煙している40歳の人 20本×20年=400)
  3. 直ちに禁煙することを希望し、禁煙治療を受けることを文書により同意している(当院では問診票に記入)
  4. 初めて禁煙治療を受ける、もしくは前回の禁煙外来(保険診療による)初回日より1年以上経過している

タバコ依存度スクリーニングテスト(TDSテスト)

  1. 自分が吸うつもりよりも多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。
  2. 禁煙や本数を減らそうと試みて、出来なかったことがありましたか。
  3. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコが欲しくてたまらなくなることがありましたか。
  4. 禁煙したり本数を減らした時に、次に当てはまる症状はありましたか。
    • イライラ
    • 神経質
    • 落ち着かない
    • 集中しにくい
    • 憂鬱
    • 頭痛
    • 眠気
    • 胃のむかつき
    • 脈が遅い
    • 手の震え
    • 食欲または体重の増加
  5. 問4で伺った症状を消す為に、またタバコを吸い始めることがありましたか。
  6. 病気にかかった時に、タバコは身体に良くないと分かっているのに吸うことがありましたか。
  7. タバコの為に自分に健康問題が起きていると分かっていても、吸うことがありましたか。
  8. タバコの為に禁断症状が起きても、吸うことがありましたか。
  9. タバコに依存していると感じることがありましたか。
  10. タバコが吸えないような仕事や付き合いを避けることが何度かありましたか。

10問中、5問以上YES(はい)の方は、ニコチン依存症です。

※条件を満たしていない項目があった場合、健康保険で治療を受けることはできません。
※禁煙治療は12週間で5回通院のプログラムとなっています。スケジュールどおりに来院できない場合、保険診療での治療は中断となり、以降の治療は自費診療とさせていただきます。
(再度保険適用になるには治療初回日から1年以上経過する必要があります。)

禁煙外来の流れ

  1. 喫煙状況やニコチン依存度、禁煙の関心度などをチェックし、呼気中一酸化炭素濃度などを検査いたします。その後、病状に合わせて治療方法をご説明いたします。
  2. 詳細に診断を行った上で禁煙開始日などを決定し、禁煙補助薬を処方いたします。
  3. 定期的(およそ2週間~4週間おき)にご来院いただき、禁断症状の確認や対処法などをカウンセリングしながら、治療を進めていきます。